あって困るのはお金だけではない

あって困る

たとえば街中、たとえば満員電車、もしかすると勤務先などで、男性という生き物は魅力的な女性を見かけるとついつい目がいってしまいます。そして、その先にあるのは「ああ、こんな女とヤリたい」という性欲。
これは若くて独身、さらには風俗にも行ったことがない童貞だけの衝動ではありません。結婚して子供が三人いるという人、恋人と毎晩のように三回セックスをしている男性にだってある欲求です。
一歩間違うと性犯罪者ですから、悩みの種という男性も多いでしょう。でも、お金と同じで性欲はあって困るものではないのです。

ありあまる、溢れんばかりの性欲と白濁とした液体はアダルト動画などで処理するには勿体ないのです。何故なら、最近では肉食系女子も増え、昔のようにセックスを最優先事項とすることがいけないことだという風潮が無くなったからです。
また、女性中心、もしかすると女性だけの会社で働いている人などは、一歩外にでると獲物を漁るように男性を物色してしまうといいます。これも、以前なら「はしたない」と言われていたことですが、現在は「あーあ、ぶっといの挿れてー!」と口に出す女性までいるほどです。
こういったとき、いくらルックスが良くても、ほどほどに性欲がある男性はありがたがられません。ほとばしるような性欲を提供してくれる男性をこそ求めているのですから。
なので、もし、自分が周りよりも性欲旺盛だという自負するのなら、思い切って出会い系さいとやセフレ募集サイトでアプローチしてみましょう。「提供は、この私がお挿れいたします」と。
さあ、女性達は太くて硬くて勇ましい怒張したものを求めている時代なのです!

人生に潤いを与えるセフレ

セフレ

世の中にはセックスだけが目的という関係、俗に言うセックスフレンドというものがあります。
この「セックスだけが目的」という事実から、とても軽薄で忌み嫌うべきものという認識が私たちにはあります。でも、本当にそうなのでしょうか?

恋人を作るとき、結婚をするとき、一体なにを最優先するでしょうか?
おそらく、ルックスや所得、性格の善し悪しといったものです。何故なら、結婚の場合など一生一緒に暮らすということが前提だからです。
なので、全ての面でお互いが一致するということは稀です。特に相違しがちなのがセックスです。

男性でも女性でも生まれつき淡泊な人がいます。相手がセックスを求めていても、趣味や仕事を優先するしたり。
こうなるとストレスが溜まります。また、男性は性的興奮を覚えるツボが身長やおっぱいの大きさであるという人、普段は責めだけれども、実は責められるのが好きというMっ気がある男性も珍しくありません。現にM男向けのAVの作品の方が主流です。
果たして、そういったフラストレーションを抱えたまま生きていても幸せなのでしょうか?いいえ、そんなはずはありません。
こうした鬱屈とした人生を送っている人向けにあるのがセックスフレンドを限定とした出会い系サイトで、ちょっと覗いてみるだけでも驚くほど性欲旺盛な女性会員で賑わっていたりします。
また、最近ではセックスが日々の生活に潤いをあたえるという認識も強まり、「セフレ元年」と呼ばれることもしばしば。
女性だって、たまには変態じみたセックスを楽しみたいという人もおり、是非、一度セックスフレンドがどういったものなのかその体で味わってみて欲しいものです。

事前チェックでセフレ攻略

攻略

人生は矛盾しています。自由奔放、欲望の赴くままに生きてみたいと思っても、そうは問屋が卸しません。自由の卸売りは存在しないのです。欲望と自由のコラボレーションは絶対にあり得ないでしょう。
なので、たまに「ああ、あんな素敵なヒップの人妻を後ろから突きまくりたい」と思っても、既婚者であるため「ご縁がございましたら、いずれ」と身を引かなくてはなりません。
とはいえ、セックスをしたいのが人間というもの。セックスしたくなければ人間ではないという理屈もあります。そこで、たまにはセフレ募集サイトなども利用してみてはいかがでしょうか?

出会い系サイトと聞くと、メールのやり取りや相手が好きそうな話題を探すのが大変というイメージがありますが、それは恋人や結婚を前提とした関係を求めるからです。ここは思い切って目的をセックスのみに限定するべきなのです。

セフレを募集するなら、別にインターネットを利用しなくても構いません。何故、セフレ募集サイトを推すのかというと、事前にお互いの性癖などをチェックできるからです。
たとえば、貴方は男根が平均の半分しかないとします。しかも、過去に「粗チン」とか「皮かむり」などと嘲笑されたことがあったとします。はっきり言って、セフレなど夢のまた夢。夢幻のごとくです。
しかし、世の中には膣が平均よりも狭い女性だっています。過半数が奥の細道であっても、もしかするとピッタリの相手がいるかも知れません。
合コンなどで聞けますか?「俺、粗チンなんだけど、おちょぼ口を探しているんだ」と。無理です。絶対に、絶対に無理です。
その点、ネット上ならそんなことは関係ありません。あるのは欲望だけです。さあ、今こそレッツトライ!

Copyright(c) 2015 出会いが見つかる出会いサイトランキング! All Rights Reserved.